Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

茶菓の出し方

今回は茶菓の出し方ということでまずお茶の出し方を習いました。

茶托に湯のみを乗せ部屋に入る前に跪座になり湯のみを置き、深い礼をします。いつものように敷居のところで一旦止まり下座の足から部屋に入り、お客様の方に進み少し前で跪座になり、膝行しお茶をお出しします。そして戻り少し経ってから湯のみを下げに行きます。

最初は湯のみのあげ方、運ぶ時等の動作を習い、5、6人で横1列になり、お茶を運びました。 1つ気にしている事があると、別の事がつい疎かになってしまいます。新しい方が増えているのでしっかりとしなければと思いました。

小笠原流礼法教室体験記
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古