Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

続・訪問先での作法

今回も前回同様に訪問先での、玄関の上がり方、出迎え方を習いました。

まずお客役と家人役を交互に習った後で、家を訪問する際にコート等はドアを開ける前に脱いで手に持たなければならないので、和装のコート(道行等)の脱ぎ方、畳み方を復習しました。 2人から3、4人になり、ああだ、こうだと言いながら復習しました。手の使い方等は何回教えていただいても忘れていて、しっかり覚えなくてはと思います。

ただ、2つ覚えました。 1つ目は、玄関に上がるときは、靴を直す事も考えて上がらなければならないこと。
2つ目は、人がたくさん居るところなどでは、コート等は後ろにバサッと広げないようにして着なければならないこと。まあこれは習わなくても分かることですが。

小笠原流礼法教室体験記
No.159 祝儀袋と仏祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古
No.156 一汁三菜のお稽古
No.155 掛軸の掛け方、収め方
No.154 続・着物の畳み方