Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

前通りの礼(座礼)

今回は前通りの礼の座礼を習いました。 前回は椅子に座っている方の前を通る作法でしたが、座礼とは座布団等に座っている方の前を通る作法です。 こちらも座っている方が目上の方か、同輩等かによって作法が違います。

目上の方が座っている時の通り方は、座っている少し手前で跪座になり、一度顔を向けお伺いをし、また顔を戻し礼をします。そして立って一足か半足で前を通る時は足早に、通り過ぎたら、普通に歩きます。 また、目上の方が前を通る時は、座っている方は通り過ぎるまで礼をしています。 このように、無理に人の前を通らず、礼をもって通り過ぎます。

なかなか正座をしているところを通りすぎる事など少なくなってきている近頃ですが、いざというときのために覚えておくといいのではないかと思います。

小笠原流礼法教室体験記
No.152 畳紙の扱い方   
No.151 茶菓の出し方
No.150 続・送迎の礼
No.149 送迎の礼
No.148 風呂敷の扱い方
No.147 続・訪問先での作法