Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

前通りの礼

今日は前通りの礼、座っている方の前を通るときの作法を習いました。 椅子に座っている時、座布団に座っている時それぞれの作法があります。 今回は椅子の場合です。

 前半は椅子の座り方から習いました。 まず椅子の横に立ち、椅子から遠い方の足から一歩出し、もう片方の足を前に出し、そのまま椅子の中心辺りに立ち、座ります。その時は深く腰かけないようにします。 前を通る方は、椅子の方に進み立ち止まり、礼をし進みます。

前を通る方も、座っている方も、目上の方、同輩等により、作法が違います。 例えば、目上の方が前を通るときは、座っている方は早めに立ちあがり、椅子の横で深い礼をし目上の方が通ったあとに座る等です。

次回は座布団に座っている時の前通りの作法です。 この作法は普段の生活にたくさん使われると思いますので、しっかりとまた覚えなければと思います!

小笠原流礼法教室体験記
No.159 祝儀袋と仏祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古
No.156 一汁三菜のお稽古
No.155 掛軸の掛け方、収め方
No.154 続・着物の畳み方