Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

物の運び方、差し出し方

今日も前回と同様に物の運び方、差し出し方を習いました。

まずは本です。座っている方に本を運び、差し出します。敷居のところで座り本を上座に置き、深い礼をし、また本を持ち運びます。その際腕は円相の形になります。座っている方の手前で跪座になり、膝行しお渡しします。

次に硯箱の運び方と差し出し方を習いました。基本的には本と同じ運び方ですが、硯の時は墨をすって、筆先に墨をしたためて、お渡しします。一緒に半紙も運びますが、半紙が大きい時は硯箱の下に、小さい時は上にします。また、硯箱の蓋、本体、半紙を写真のように同じ位置に置きます。

以前にもこの稽古はしてましたが、忘れていることが多く、次回も同じ稽古なのでしっかりと覚えたいです!

小笠原流礼法教室体験記
No.164 風呂敷の扱い
No.163 訪問時の作法
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方