Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

風呂敷の扱い

今日は年内最後のお稽古です。一年ってあっという間ですね~。と言うことで、今回はこれから年末年始に向けて、親戚や知り合いのお宅を訪問する際に手土産等を包んだりする、風呂敷の扱いについて習いました。

まず、風呂敷から物を出す時の開き方、畳み方を習い、実際に座布団を敷いて、お客様と迎える人に分かれて練習しました。ここでは座布団の座り方降り方もあり、手土産等を差し出す作法も合わせて習いました。近頃はあまり風呂敷等使用されなくなってきているようですが、この作法を習うと風呂敷を使ってみようかなという気にもなり、身近で実践出来ると思いました。

次回はもう来年です。また頑張りましょう!教えて下さる方、教室の皆様来年も宜しくお願いいたします!

小笠原流礼法教室体験記  
No.170 物の受け渡し
No.169 玉串の捧げ方
No.168 神仏に拝する礼
No.167 折り紙でおひな様
No.166 茶菓を出す際の作法
No.165 送迎の礼