Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

訪問時の作法

今日は訪問先でのコート、外套の扱いを習いました。まずコート等の脱ぎ方のおさらいをしてから、実際に訪問先での作法を習いました。

まず、ドアを開ける前にコート等を脱ぎ、玄関に入り軽く挨拶をし、コートを預け靴を脱ぎます。それから靴を揃え座敷に入ります。靴を揃える時も玄関に上がってから跪座の姿勢で揃えます。座敷には座布団が置かれているので、いつもの作法に則って挨拶を交わし、退室します。これを客と主人とにわかれて交互に練習しました。

退室し、玄関で靴を履くとき靴べらを渡されたらどうするかという質問が出ました。その時は大事なこととして、靴べらを使う際に、見送りしていただいている方にお尻を向けてはならないと教えていただいたので気をつけましょう。また座布団に座る時も、自分が座布団に座りづらい位置にいても座布団を動かさずに自分が動かなくてはならないということも習いました。お呼ばれした時はこのようなことにも注意して、訪問しましょう。

小笠原流礼法教室体験記
No.152 畳紙の扱い方   
No.151 茶菓の出し方
No.150 続・送迎の礼
No.149 送迎の礼
No.148 風呂敷の扱い方
No.147 続・訪問先での作法