Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

行き逢いの礼

今日は、道や廊下などで知り合いの人と会った時に挨拶を交わす、行き逢いの礼を習いました。これも前回同様、先輩、同輩、後輩によって作法が違います。

 先輩(目上の人)と会った時は、少し手前で脇にそれ、挨拶を交わした後は深い礼をして、相手が通り過ぎるのを待って頭をあげます。同輩の時は、お互い少し手前で脇にそれてから、向かい合い礼をします。

日常の中でもこういった場面はいくらでもあります。突然であってもこの動作がスムーズに出来るといいなと思いました。

小笠原流礼法教室体験記
No.152 畳紙の扱い方   
No.151 茶菓の出し方
No.150 続・送迎の礼
No.149 送迎の礼
No.148 風呂敷の扱い方
No.147 続・訪問先での作法