Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

仏拝の作法

今日は、お彼岸も近いということで仏拝(仏様をお参りする)を習いました。お寺にお参りをする時や、葬儀の際の御焼香の作法等です。普段何気なくしていることも改めて習うと、そうだったのかと思うことがたくさん出てきました。

御焼香をする時、抹香をつまみ目の位置まで上げますが、手の甲は必ず上を向け仏様には向けないようにし、また回数も会葬者が多い時は1回でも2回でも良いということなどです。実際その場になった時には、落ち着いて作法通りのことが出来たらいいなと思いました。

後半は、神前の葬儀のお参りの作法も習いました。玉串のお供え方、手を叩いてはいけないことなどです。次回も同じことを習うので、しっかりと身に付けなければと思いました。

(撮影:菱田諭士)

小笠原流礼法教室体験記
No.164 風呂敷の扱い
No.163 訪問時の作法
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方