Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

一汁三菜

今回は一汁三菜ということで、主に御膳やお茶、お菓子、お酒のおかわりの仕方など一連の作法を通しで習いました。

食べ方にも作法があり、汁気のある食べ物の場合はその食べ物が盛られているお皿を持つか、持つには大きい場合はお皿ではなく蓋を使います。汁気のない食べ物もまっすぐ口に運ぶのではなく、体に沿わせるようにして口に運びます。この他にも一の膳と二の膳で下げ方が違うなど、細かいところまで詳しく教えていただきました。

今回はなかなか難しく、全ては覚え切れなかったので、復習しないといけないと思いました。次回も一汁三菜なので、次回はもう少し上手く出来るよう頑張りたいと思います。

小笠原流礼法教室体験記
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古