Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

賞状・辞令書等の授受

今日は賞状や辞令書等の授受ということで、賞状の受け取り方を、来賓がいる場合や、国旗があり、かつ来賓もいる場合等、色々なケースを仮定して教えていただきました。御辞儀をする順番は国旗が一番、来賓が二番、賞状を受け渡す人が三番となっているので、全部ある場合は国旗が上座となり、国旗がない場合は来賓が上座になります。そのため国旗がある位置や来賓がいる位置によって足の運び方が違うので、全体に何があるかを考えながら動くというのは頭ではわかっているつもりでも、実際にやるとなるとなかなか上手くいきませんでした。要練習ですね。

次回は袴、小袖ということで、着物の畳み方を教わります。次回も頑張りたいと思います。

小笠原流礼法教室体験記
No.159 祝儀袋と仏祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古
No.156 一汁三菜のお稽古
No.155 掛軸の掛け方、収め方
No.154 続・着物の畳み方