Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

会食での作法の実践

今日は年に1度のお楽しみ・・・暑気払いも兼ねて、実際に作法をしながら会食をしました。しかもなんと今回でちょうど100回目のお稽古でした。出席回数の多い者が代表として汁椀、最後のお菓子をみなさんにお出しするという稽古をしつつの会食でした。初めての頃と比べるとなんとか自然に出来ていたところもありましたが、やはり、周りの方の様子をキョロキョロとうかがってしまいました。

100回目ということで、教えて下さっている方々からは継続という言葉が幾度か出ました。続けることが何より大事なんですね。自分も回数だけは出ているので少しは出来るようになったかな、と心密かに思いました。これからも前向きに頑張っていきましょう。

小笠原流礼法教室体験記
No.159 祝儀袋と仏祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古
No.156 一汁三菜のお稽古
No.155 掛軸の掛け方、収め方
No.154 続・着物の畳み方