Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

風呂敷の扱い

今日は今年最後のお稽古。風呂敷の扱いを習いました。
 お正月も近いこともあり、ご招待等を受けて、手土産を持参する時に困らないようにと教えて下さいました。

 後半には、客とその家の主人の役に分かれ、お土産を持って訪問し、出迎えを受け、風呂敷からお土産を出し、勧め、座布団に座り、歓談をし、その家を去るという流れを実践しました。これには、今まで習った作法がたくさん出てきて、まさに今年の総復習といった感じでした。すっかり忘れていたこともありました。

 来年も頑張らなくては!よろしくお願い致します。  

小笠原流礼法教室体験記
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古