Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

襖とドアの開閉の作法

今日は襖とドアの開閉の作法を習いました。最近は襖がある家でも開けるのは押入れの襖くらいという方も多いと思いますが、やはり大きな音を立てて乱暴に開閉するのではなく、静かにスムーズに開閉した方が見た目が綺麗ですね。その動作をする方の佇まいも落ち着いて見えると思います。近年は襖がない家も増えてきましたが、ドアの開閉でも同じことが言えますので、是非覚えてスムーズに開閉出来るようにしたいものです。

                  

小笠原流礼法教室体験記
No.152 畳紙の扱い方   
No.151 茶菓の出し方
No.150 続・送迎の礼
No.149 送迎の礼
No.148 風呂敷の扱い方
No.147 続・訪問先での作法