Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

茶菓を持っての襖の開閉

今日は茶菓を持っての襖の開閉の作法を習いました。お稽古に使っているお部屋の都合上襖の開閉は省略しましたが、お客様への茶菓の出し方と懐紙の折り方、菓子の食べ方を練習しました。これまでにも何度か習いましたが忘れていた点もあり、復習しながらのお稽古でした。覚えることに必死になるよりも、心にゆとりを持ちながら、ゆっくりと一つ一つの動作を行うことが大切だと思いました。そうすればおのずと作法が身に付いてくるような気がします。

小笠原流礼法教室体験記
No.164 風呂敷の扱い
No.163 訪問時の作法
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方