Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

掛物の扱い方

まず前半30分はいつものように起居の稽古。一斉ではなく各自苦手な所を指導していただきながら練習しました。
 次は前回の復習で団扇と扇子の渡し方、運び方、受取方を教わりました。もうじき夏も終わりですが、夏祭りなどで浴衣を着た際に教わった通り団扇や扇子を使いこなせれば、浴衣姿もより美しく見えるかも知れませんね。

 最後に掛け軸の運び方、掛け方、しまい方を習いました。今は掛物を飾る床の間自体がない家も多いので、掛物に触れる機会も滅多にありません。しまう時の紐のとじかたにもお作法があり、何も知らない私はビックリでした。一回では覚えられません…。まずは掛物各部の名称を覚えることからはじめないといけませんね。

小笠原流礼法教室体験記
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方
No.158 恒例の会食
No.157 続・一汁三菜のお稽古