Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

扇子、団扇の扱い方

今回も前半はいつものように起居の復習。いつになく少しハードな練習でした。でもテンポよく学べたように思います。ようやく基本の動作が身についてきたということでしょうか。
 後半は時節柄、 扇子と団扇の運び方、渡し方とあおぎ方を一年前に習った時の復習を交えながら学びました。あおぎ方も上腕を使ってゆっくりあおぐと動作も優雅に見え、さらにより涼しく感じるということも教えていただきました。
 まだまだ暑い日が続きますが、クーラーや扇風機といった文明の利器にばかり頼らずに、たまには扇子や団扇で作り出す天然の風で暑さをしのいではいかがでしょうか。

小笠原流礼法教室体験記
No.152 畳紙の扱い方   
No.151 茶菓の出し方
No.150 続・送迎の礼
No.149 送迎の礼
No.148 風呂敷の扱い方
No.147 続・訪問先での作法