Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

仏拝の作法

前半はいつも通り起居の復習。全ての動作の基礎となるものなので、 ウォーミングアップのようなつもりでいつも練習しています。

後半はもうすぐお盆も近いということで、仏拝の作法を学びました。

 

葬儀に参列して焼香をする際、いつも他の方の見よう見まねでなんとなく済ませてしまいがちですが、 正しい作法を覚えていればいざという時にまごつく心配もありませんね。ただし作法を思い出すのに必死で肝心の仏様へ捧げる祈りが疎かになってしまっては意味がないので、 落ち着いて祈りを捧げられるよう、意識しなくても体が勝手に動いてくれるくらいまで繰り返し復習する必要がありそうです。

小笠原流礼法教室体験記
No.164 風呂敷の扱い
No.163 訪問時の作法
No.162 行き逢いの礼の作法
No.161 続・前通りの礼の作法
No.160 前通りの礼の作法
No.159 祝儀袋と不祝儀袋の折り方